• ホーム
  • クラミジアは日本国内でも普通に感染することがある病気です

クラミジアは日本国内でも普通に感染することがある病気です

男性を診ている医者

性病について正しい知識を持っていなければ性感染症にならないだろうと甘い考えを持ってしまう可能性があるので、性行為を行うのであれば性病についてきちんと学んでおくことが大切です。稀に日本では性病に感染することが少ないと思っている人がいますが、たとえ他の国よりも感染率が低いとしても、日本で性感染症になってしまうことがないわけではありません。コンドームを使用していない発展途上国などと比較して日本は安全だと考えている人もいるようですが、コンドームが使用できる環境にあることを考えると、日本の性感染症患者数は決して少ないものだとは言えないです。特にクラミジアは日本で最も感染者数が多い性病として知られているので、性行為を行う人であれば誰でも感染する恐れがあることを知っておきましょう。

日本ではクラミジアに感染したことがある人の数がとても多いので、コンドームなどを用いて予防せずにセックスを行ってしまったときには、知らず知らずのうちに病気をもらってしまう可能性があります。クラミジアの感染経路はコンドームなしのセックスやオーラルセックス、アナルセックスによるものがほとんどなので、これらを行うと性病になるかもしれないとしっかり理解しておきましょう。ただし、コンドームを使用していても感染する可能性がないとは言い切れないので注意が必要です。

国内であれば風俗を利用しても性病対策がきちんと行われていると思っている人もいますが、この考えは非常に危険だと言えます。風俗に従事している女性が定期的に検査を受けていたとしても、病気が発覚するまでにお客さんに感染させてしまうケースは少なくありません。また、うがい薬でうがいしてからプレイを行っているから平気だと思っている人もいるのですが、クラミジアはうがい薬では死滅させることができないので、うがいを徹底しているお店を利用しても無意味だと知っておきましょう。他にも不特定多数の人と性的な関係になることもクラミジアの感染しやすさを招いてしまうので、風俗遊びや色々な人と性交渉を行うことは危険だと理解しておくことが大切です。

日本国内で性行為を行う場合であってもクラミジアに感染してしまう可能性について、決して少ないものだとは言えません。海外で性行為を行うときに性病に気をつけている人が多いですが、国内でも感染する危険性は大いにあるということを知り、セーフセックスを行うように意識しておいてください。