• ホーム
  • クラミジアの放置は不妊にも繋がるのでしっかりと治療を!

クラミジアの放置は不妊にも繋がるのでしっかりと治療を!

悩んでいる女性

性病に感染したかもしれないと思ったとき、すぐに病院に行って治療を開始する人もいれば、大丈夫だろうと症状があらわれても放置してしまう人もいます。なかなか病院に行こうとしなかったり、耐えられないほどのひどい状態になってから病院に行ったりする人もいますが、これは非常に危険なことです。日本国内でいちばん感染者数が多いと言われている性病はクラミジアですが、この病気を放置してしまうと他の病気を引き起こすだけではなく、不妊の原因になってしまうことがあります。クラミジアを放置して不妊症になってしまわないようにするためにも、治療せずにそのままにしておくとどうなってしまうのか学んでおきましょう。

クラミジアは男性の場合は尿道に症状があらわれ、女性の場合は子宮の入り口やその周辺に症状があらわれます。これは、それぞれ尿道や子宮の入り口に病原菌が感染していることが原因ですが、治療せずに放置してしまうと病原菌が体内の奥のほうへと侵入していくはずです。男性の場合は尿道から入り込んだ病原菌が前立腺や精巣上体に到達してしまい、結果として前立腺炎や精巣上体炎になってしまうことがあり、これらは精子を作ることに対して悪い影響を与えてしまいます。上手く精子を作ることができなくなる可能性があり、男性が不妊症となる原因になってしまうので注意しておきましょう。女性の場合は卵管へ病原菌が侵入してしまい卵管内の癒着が起こることで不妊症になることがあったり、卵管が上手く機能しないことで子宮外妊娠を起こすことがあったりすることを知っておいてください。

このように、男性も女性もクラミジアを放置してしまうことで不妊症になってしまう可能性があるので、性病を治療せずにそのままの状態にしておくことはとても危険だと言えます。特に男性は不妊症になりにくいと勘違いしている人が多いので、性病が原因で不妊症になるとは知らない人も多くいるので気をつけておかなければなりません。性別に関係なくクラミジアの放置が不妊症を招いてしまう可能性があるので、まずは病気を予防することが大切ですが、感染してしまったのであれば早急に治療を受けてしっかりと治すようにしてください。治療の開始が遅れてしまえば不妊症の原因を作ってしまうかもしれないので、身体の異変に気がついたときには早急に病院に行ったり治療薬を飲んだりしましょう。もしもパートナーがクラミジアを放置しようとしているのであれば、不妊症になる危険性も伝えて治療するように促すべきだと言えます。