• ホーム
  • クラミジアに感染しているとHIVに感染してしまう確率が高くなる?

クラミジアに感染しているとHIVに感染してしまう確率が高くなる?

クラミジアに感染しているとHIVに感染してしまう確率が高くなると聞いたことがある人もいるかもしれませんが、これは本当のことだと言えます。もちろんクラミジア以外の性病でも同様のことが言えるのですが性病になっているときは、性器や身体の粘膜が損傷している可能性が高いです。例えばクラミジアであれば性器や咽頭に炎症を起こしますが、HIVウイルスを含む体液や粘膜と触れてしまったとき、性器や粘膜に傷口があれば体内にウイルスが侵入しやすくなってしまいます。また、性病を患っているときは普段よりも免疫力が低下している可能性が高いので、このような理由でもHIVの感染しやすさを招いてしまうでしょう。

HIVとクラミジアは性感染症でも同じ病気ではないので、感染率には影響しないと思ってしまう人もいるはずです。たしかにクラミジアに感染しているからと言って必ずしもHIVになってしまうとは言えませんが、やはり何かしらの性病を患っている状態のほうが低い免疫状態であり、HIVなどの重い病気に感染しやすくなります。どうすれば良いのだろうと不安になる人もいるかもしれませんが、クラミジアなどに感染しているときは性行為を控えることがひとつの予防策になるはずです。この感染症に感染していてもコンドームを使用してセックスを行っている人もいますが、途中で外れてしまったり破れてしまったり、性器以外の粘膜からウイルスに感染してしまったりする可能性もあります。HIVに感染しやすい状態のときには風俗遊びを控えたり色々な人と身体の関係を持ったりせずに、完治するまで大人しくしておくことが大切です。

クラミジアのような性感染症を患っているときは患部の粘膜が傷ついていたり、身体の免疫力が低くなっていたりするので、あらゆる病気を引き起こしやすくなってしまいます。HIVウイルスは粘膜の傷口などから侵入することが多いので、クラミジアで粘膜が気づいている状態で感染者とセックスを行ってしまうと移ってしまうリスクが一気に上がってしまうはずです。とても危険な行為だと言えるので、他の性病が完治するまではなるべく性行為を控えるようにするということを意識して生活することが大切だと言えるでしょう。HIVに感染している恐れがない人であれば平気だと思うかもしれませんが、感染していないように見えても実はウイルスを保有しているけど無症状であるだけかもしれません。いずれにしても絶対感染しないとは言い切れないので、クラミジアに感染しているときは特に性行為に対して慎重になっておくべきです。