• ホーム
  • おりものに異常があるのなら性病であることも考えて行動しよう!

おりものに異常があるのなら性病であることも考えて行動しよう!

性病になったときには様々な症状があらわれますが、女性の場合はおりものの変化から性病であることに気がつける場合もあります。平常時であれば透明のものが少量分泌される人が多いはずですが、性感染症を患っているときは色がついたり普段とは違った悪臭を放っていたりすることがあるので注意が必要です。普段からおりものの変化を注意してチェックしておけば性病になったときに早期発見につなげることができるので、女性は日頃から自分のおりものがどのような状態なのか、性感染症のときはどうなるのかということを知っておくべきだと言えます。

クラミジアや淋病といった性病に感染したときは、色や臭いに変化はありませんがいつもよりも分泌量が増えるという変化が見られることがあるでしょう。これは個人差があるので一切症状が感じられない人もいるのですが、不自然に分泌量だけが増えているときはクラミジアや淋病の可能性を疑ってください。チーズや豆腐、酒粕状と形容されることが多いですが、白くてポロポロしたおりものが見られる場合はカンジダに感染している可能性が高く、この場合は臭いの変化はほとんどないはずです。色の白さとポロポロした形状から病気を認識できることが多く、カンジダはおりものの異変で病気を自覚する人が非常に多いので覚えておいてください。稀に臭いがある人もいるようですが、その場合は鼻を刺激するようなツンとした臭いであることが多いようです。

おりものが緑色や黄色に変色している、あわ状である、魚などが腐ったような臭いがするという場合は、高確率でトリコモナスに感染しています。トリコモナスに感染したときは色と形状、臭いの全部に異常があらわれることが多いので、気がつきやすいと言えます。突然形状や色がおかしなおりものを目撃すると驚いてしまうかもしれませんが、紹介した形状や色などに当てはまる場合は性病であることを疑って、早く治療が開始できるようにしてください。

性病かもしれないとおりものの異常から気づくことができたら、適切な行動を起こすことが大切だと言えます。検査キットや病院で本当に性病であるかどうかチェックしたり、治療薬を手に入れて治療を開始したりしなければなりません。また、性病である可能性があると分かったのであれば感染の拡大を防ぐためにも性行為を控えなければならないでしょう。おりものから性感染症の可能性に気がついたときには、適切な行動をして早く治すことができるようにしてください。