心配している男性

クラミジアの症状のひとつには排尿時の違和感をあげることができるので、用を足したときに違和感を覚えたのであれば性病かもしれないと疑ったほうが良いです。早いうちに違和感に気がつくことができれば、病気の早期発見や早期治療につながります。この性病であるかどうかの大きなチェックポイントのひとつには排尿時の違和感あることを覚えておき、いざというときはなるべく早く病気に気がつくことができるようにすることが大切です。

クラミジアになるとなぜ尿道に違和感があるのか

性感染症は病気の種類によって身体のどの部位に感染するかということや、どのような症状があらわれるのかということが大きく変わってきます。クラミジアに感染した場合は男性であれば尿道、女性であれば子宮の入り口に炎症が起こるので、それらの部位が痛くなるはずです。男性がクラミジアに感染すると尿道に病原菌が入り込んで炎症を起こすため、排尿時に違和感を覚えるようになります。むずがゆさを感じる人もいますが、治療せずに放置しておくとかゆみよりも痛みが強くなることも多いようです。一方で女性の場合はそれほど排尿時に痛みを感じないと言われていますが、これは女性がクラミジアになったときには子宮の入り口に感染するからだということができます。

クラミジアに感染すると男性は尿道に炎症が起こるので排尿時に違和感を覚えると言えますが、痛みに関してはそれほど強い痛みではありません。よく似ている症状を引き起こす病気に淋病があり、淋病も尿道に感染して排尿時の違和感が生じることになりますが、こちらのほうがかなり強い痛みであるとされています。尿道に炎症が起こるので排尿しようとすると違和感を覚えてしまうことになりますが、それほど強い痛みを引き起こすわけではないので安心して良いでしょう。

男性の場合は排尿時以外にも尿道に違和感を覚えることがあるはずで、いつもなら分泌されないような体液が分泌されて驚く人も少なくないはずです。ペニスの先端からは透明な体液が出てくることがありますが、性病に感染しているときはサラサラとしている膿が出てくることがあります。色は乳白色であることもありますが透明の場合も多いので、サラサラとしている場合は膿の分泌を疑ったほうが良いでしょう。尿道がむずむずしたと思ったらペニスの先端から透明や乳白色の膿が分泌されている可能性があり、下着などに付着しているケースが多いので、膿が分泌されていないかどうかチェックしておくことをおすすめします。

クラミジアに感染すると尿道に炎症が起こるので排尿時に異変を感じるようになるはずです。このことを知っておけば排尿するときに性病の可能性に気がつけることがあるので、性病になったときには尿道に違和感を覚えるケースがあるということを知っておきましょう。

感染していても排尿時に違和感がない人もいる

たとえ同じ病気に感染していた場合でも、みんなに同じような症状が起こってしまうとは限らないので、その病気特有の症状が感じられなくても感染しているかもしれないということを知っておきましょう。これはどの病気にも言えることですが、有名な性病のひとつであるクラミジアについても当てはまることです。感染したとしてもすべての人が同じ症状を経験するわけではないので、どのような異変が起こる可能性があるのか知っておくことが大切だと言えます。特に男性について、この性感染症になったかどうかを見極めるために排尿時の違和感がひとつの指標になると言われていますが、実際はすべての人が違和感を経験するわけではありませんので注意しておきましょう。

他の性感染症についても言えることではありますが、性病の中には異変を感じることができない無症状の病気も存在しているので、発症した場合でも全員が異変を感じられるわけではありません。同じ男性の感染者であったとしても排尿時に違和感を覚える人もいれば、一切気にならないという人もいるはずです。女性に関しても同じで、この病気の場合は比較的排尿時に影響が出ないと言われていますが、稀に排尿時に強い痛みを感じてしまう人もいます。このように実際に痛みを感じるかどうかは人によって異なってしまうという特徴があるので、問題なく排尿できるから病気ではないと断言することはできません。

クラミジアに感染した場合、多くの男性は尿道やその周辺に炎症を起こしてしまい用を足そうとするときに異変を感じるようになりますが、一部の男性や女性の多くは排尿時に違和感を覚えることがないようです。これは病気に対する個人差や性別による感染部位の違いが関係していると言えるでしょう。けれども、異変がなかったとしても感染しているケースもあるので、些細なことでも不安に思うようなことがあれば性病でないかどうかチェックしてみることが大切なので、病院や検査キットを利用してチェックしてみることが大切です。排尿時の違和感はクラミジアかどうか判断するための重要なポイントであると言えますが、それだけでは判断できないケースもあることを知っておくようにしてください。